Windows 10でじゃまなアクションセンターを出さないようにするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

windows_10_actioncenter_01

Windows 10を使っていますが、特にノートPCでタッチパッドを使っているとき、ちょっとした操作でアクションセンターなるものが右側からぐぐっとスライドしてきて、ジャマったらありゃしません。基本的に不要なものなので、できれば出ないようにしたいものです。

こういうのって、何もできないのかと思っていましたら、やっぱできますね。ただ、とても方法がわかりにくいだけで。強制アップデートするより、使い勝手の向上に力を注いでほしいものです、Microsoft。

設定の変更は簡単です。まず、[スタート]メニューから[設定]をタップ、じゃなかった、クリック。

windows_10_actioncenter_02

「設定」アプリが開いたら、[システム]を選択。

windows_10_actioncenter_03

「通知とアクション」から[システムアイコンのオン/オフ]をクリック。

windows_10_actioncenter_04

「アクションセンター」をオフにするだけ。

windows_10_actioncenter_05

これで、うざったい、アクションセンターのポップアップがなくなります。これは、ノートPCで、タッチパッドを多用している人には有用ですね。

ちょっとした操作で、いらぬ機能が作動するというのは、意外とストレスになるものです。どうせなら、こういうのを最初からオフにしていて、必要なときにオンにするということはできないんでしょうか、Microsoft。

まぁ、それだと一生気付いてもらえないかも?というのもわかります。でも、それなら最初からいらないんじゃないかという気もします。やっぱり、タブレットとPCの融合というのは厳しいのではないですかね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です