ATOK 2016で自動アップデートが使えないとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

一太郎2016というか、ATOK 2016の新機能にリフレッシュナビがあります。まぁ一種のお節介機能なのですが、使えるものなら使いたいものです。けど、使い始めにはATOK 2016のアップデートが必要なようで、これがなぜかWindows 10環境(正確にはMacのParallels Desktopnoの仮想環境)では使えないのでした。

一太郎2016にアップグレード、リフレッシュナビが使えません

どうしたものかと思っていましたら、要はアップデートをインストールすればいいだけなので、アップデータをダウンロード、手動でアップデートして解決です。

JUST自動アップデートの画面で、右下の方にある[詳細]をクリック。するとアップデートプログラムのあるWebページが開きます。

atok_2016_update_02
下の方にある「使用条件に同意してダウンロードする」という青いボタンをクリック(下のスクショには隠れて出ていません)。ダウンロードした実行ファイルを起動して、あとは普通にアップデートするだけです。

atok_2016_update_04
これで、リフレッシュナビが使えるようになりました。さっそく開いてみましょう。ATOKメニューから「リフレッシュナビ」をクリック。すると、こんなグリーンな窓が開いて、あなたの疲労度とかを表示してくれます。

atok_2016_refresh_navi_01

余計なお世話…かも。言ってみれば、カーナビの、「そろそろ2時間になります。休憩しませんか?」みたいなものでしょうね。「お?もう2時間経ったか、コーヒーでも飲もう。」というように使えるわけです。

ちなみにリフレッシュナビ、向こうから何か通知してくれるわけではなさそうです。そのうち、「2時間経ったら教えて?」「10,000文字打ったら教えて?」みたいな使い方ができるようになるかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です