MacBook Proのバッテリーを交換してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

macbookpro_change_battery_02

手持ちのMacBook Pro(2011 Early)のバッテリーを交換してみました。もちろん(?)、保証外です。私のMacBook Proは自らの手による魔改造を受けているので、今さらAppleサポートのお世話になれないのです。

魔改造の投稿はこちら:MacBook ProのSSD+HDD化計画(1):前夜。

バッテリー交換に迫られたのは、長い間(一年以上)放置したからです。バッテリーが上がってしまいました。

上がった投稿はこちら:MacBook Proのバッテリーがいつの間にか逝ってしまわれた、どうしよう?

ということで、自前バッテリー交換、いってみました。

Amazonで探してみると、純正品でなくても互換品が販売されているようです。しかも7千円台ということで、べらぼうに費用がかかるというわけでもなさそうなので、さっそく購入してみました(対応機種にご注意!)。

細長い箱に入ってきます。

macbookpro_change_battery_01

中身は、バッテリー本体、用途不明のクロス、ドライバー2本、簡単な説明書と保証書です。あとは衝撃吸収のためのスポンジと湿気防止のシリカゲル。

macbookpro_change_battery_02

ドライバー2本は、MacBook Proの裏蓋を外すためのプラスドライバー、そしてバッテリーを外すためのYドライバーです。ドライバーは普通に持っていたので、外した後にこのドライバーを使うのだと気付きました。工具をすでに持っていれば、このオプションは不要ですね。ちょっともったいないかも。

macbookpro_change_battery_03

裏蓋を外しました。ダメになったバッテリーが鎮座しています。ネジを外すのは3箇所。左側のは、カバーに隠れていますのでめくって外します。真ん中のは、その隣にあるコネクタも外しておきます。基板に対して垂直に引っ張って外します。

macbookpro_change_battery_04

macbookpro_change_battery_05 macbookpro_change_battery_06 macbookpro_change_battery_07

最後に、中央にあるベロを引っ張ってバッテリーを外します。外れました。けっこうホコリを被っていますね。同梱のクロスは、このホコリを拭き取るためのものでしょうか。

macbookpro_change_battery_08

新しいバッテリーを装着、ネジを元どおりに絞めます。これで終了。裏蓋を元に戻し、起動してみましょう。

macbookpro_change_battery_09

おお、キレイに起動します。バッテリー容量は6割ほど。「システムレポート」でバッテリーの情報を見ますと、製造元が「TOP」になっています。説明書にあるように、3%ほどまでバッテリーを使い、そこからACアダプタをつないでフル充電します。

osx_battery_info_01

これでめでたし、めでたしです。これからはマメに使ってあげることにしましょう。

ところで、バッテリーがダメになっても、AC電源を使えばデスクトップのように使えると思うでしょうが、これはお勧めできません。バッテリー残量がないと、OSがCPU性能をフルに発揮させてくれません。おそらく節電のためと思います。もしくは、バッテリーを外してしまえばよかったのかもしれませんが、そこまで思いが至りませんでした。

でも、せっかくのノートブックなので、万が一ACアダプタのコネクタが外れてしまっても(Magsafeなのでなおさら)大丈夫でありたいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です